usadonGalleryのブログ

日々思ったことをブログにします。ほとんど絵の事と大好きな洋楽の事だけど。

サバイバー

サバイバーって英語で生き残った人って意味です。
私は生き残ってますが(生きてる最中だけど。笑)
このサバイバーはそういう意味ではありません。

1980年の半ばにサバイバーというアメリカのロックバンドがいたんです。
今日日本橋に行ったら中古レコード屋さんがあったから、
このサバイバーのレコードを懐かしさのあまり買ってしまいました。
バイタル・サインズというアルバムです。
私この中の、キャント・ホールド・バックっていう曲が大好きだったんです。
ロディアスロックなバラード。
このボーカルの声と歌い方もすごく好きだった。
スティーブ・ペリーより少し影のある正統派ハイトーンボイス。
あの当時、爽やかなアメリカの風を感じていたのを思い出しました。

でも、全部聞いて、
私このアルバムをレンタルレコード屋さんで借りてきて、テープに録音して、毎日聞いていたのを思い出しました。
このアルバムの曲、違和感も拒否感もなく全部気持ちよく聞けるの。
そうよ、思い出したよ。このアルバムを聞いて、すごく爽やかな気持ちになれたことを。
今でも聞いていてとっても心地よいです。

典型的な産業ロックだけど、

でもいいの。ロック狂の人になんと言われても。

このアルバム名盤です!

広告を非表示にする