usadonGalleryのブログ

日々思ったことをブログにします。ほとんど絵の事と大好きな洋楽の事だけど。

Steve Perry Traces

やったー!

Journeyの元ボーカリストのスティーブ・ペリーがソロアルバムを出した!

わーい!♪O(≧∇≦)O♪

ティーブ・ペリーの復活はあるのかと10年前から英語読めないのに辞書引っ張って英語サイトの情報を読んで調べていました。6割ぐらいしか理解できなかったけど、ソロアルバムを出すって言ってたから待ってたんだけど、一向にその気配がないので数年前から諦めてスティーブ・ペリーもジャーニーにも遠ざかっていました。

10月に急にスティーブ・ペリーのソロシングルYou better waitを見たくなってyoutube開いたら見たことのないスティーブ・ペリーの動画ありました。

まさか、もしかして、新曲?と思って見たら、すでに8月か9月かに出ていた新曲でした。10月5日にnewアルバムが出ていたし、もう私はただただ驚き、それと同時にやっとやっとスティーブ・ペリーの歌が聞けるんだー!やったー!と一人ではしゃいでしまいました。

ジャーニーを脱退してから22年ぐらい経つのかな、すごい年月が経ってるのに、あの時と変わらない声と歌唱力。そしてさわやかなポップス。

なんで変わってないの?

やっぱりThe Voiceなんだわ!

昔ラジオやお店でジャーニーの曲が良く流れていたから、スティーブの歌で育ったって感じでした。

ハスキーなのに伸びのある声。温かみのある声。大人の色気がある声。はっきり言って良い声!大好きな声なのです。

私はこの声で育ったのです。ジャーニーを脱退してからスティーブの天翔ける歌が流れなくなって生活に当たり前にあった物がなくなって寂しいと思っていました。

また私の生活にスティーブ・ペリーの歌が入ってくる。本当に待った甲斐がありました。

ティーブのソロアルバムはR&Bとかソウルとか渋めを狙ってくると思ってたのに、ところが22年前と変わらずの伸びのある明るい曲だったり、スティーブお得意のバラードだったり、おじさん臭さがないのにびっくりしました。

やっぱり天才は違うな〜。そりゃね、なんてったってレジェンドだもんね。

ここで気になるのはジャーニーへの参加です。

ジャーニーのギタリストのニール・ショーンとスティーブ・ペリーのボーカルの組み合わせを生で見るのが夢でした。

何年かぶりにジャーニーの情報を見たら、なんかえらいことになってるのを知りました。それにも驚きでした。

この先どうなるんだろう?

私の希望としては、

ジャーニーにスティーブとグッレグさんが戻ってほしいな。

後、ジャーニーがダメならスティーブのソロコンサートでもいい!

ティーブをライブで見れたらどんなに幸せだろう。

ずーっと待っていたらこの夢は叶うかもしれない。

諦めずに待っています!

Don’t Stop Believin !