usadonGalleryのブログ

日々思ったことをブログにします。ほとんど絵の事と大好きな洋楽の事だけど。

You’re my best friend

お散歩がてらにちょっと遠くまでパン屋さんに行きました。

その時音楽を聞きながらてくてくと歩いてました。

お天気も良く気持ちのいい風も吹いて気分も良かったせいか、急に足取りが軽くなりました。

なんでかな〜と思ったら、とっても軽快なリズムとメロディーの音楽がipodで流れていたからでした。

その曲はQueenのYou’re my best friend。

Queenのいつもの壮大な曲とは違い、どこか乙女チックな雰囲気漂うかわいい感じの曲です。

本当にルンルンウキウキとした感じで歩いてしまいそうになりました。

Queenの曲で春うららかな日々を楽しめるとは、意外な曲合わせを見つけました。

広告を非表示にする

納品に行ってきました。20180421

奈良市にあるレンタルボックスのお店「さぁくる」さんのところに納品に行ってきました。

shop.circle-kt.com

もうすぐ5月。私の5月のイメージは五月晴れです。一年で一番季節の良い月だと思ってます。ただ最近温暖化でさわやかな5月が夏みたいになってしまう時があるのが悲しいです。

ボックスを青い空にしてみました。

f:id:usadonGallery:20180421194110j:plain

f:id:usadonGallery:20180421194129j:plain

f:id:usadonGallery:20180421194139j:plain

 

ボストン

マクロス7 を見てからfire bomberのライブを動画で楽しんでます。
そしたらなんでかボストンの曲が聴きたくなって。
ボストンって宇宙っぽいサウンドのせいかもしれません。

Third Stageのアルバムを良く聞いたな。その後もファーストとセカンドアルバムも聞いて。すごく好きでした。
昔はYouTubeどころかインターネットがない時代だから、いろんなライブの映像を見ることができませんでした。今は、こんなのもあるんだーってついつい見てしまいます。
今回見たのは1988年のライブ、たぶん一番売れていた時のボストンだったのではないでしょうか。
すごくヒットしたAmandaが入ったThird Stage アルバムは1000万枚の売り上げがあったような気がするんだけど。とにかく当時すごく売れていました。そのアルバムの時のライブ。
やっぱりすっごく上手!ボーカルがなんていい声なの!それにボストンの宇宙っぽいサウンドをライブでちゃんと再現して、このライブ見れた人は幸せだな〜。
10年前になるのかなあボーカルのブラッド・デルプさんが亡くなってしまって。その時ボストンのライブに行きたい!ブラッド・デルプさんの歌を聞きたい!とちょうど思っていた時の出来事でした。私の夢が消えてしまった、なんで死んだのよ〜って悲しかったです。本当に名ボーカリストだったから。優しい声でハイトーンボイスで力強くて。ボストンのサウンドそのものでした。
このバンドはギターのトム・ショルツさんが全部作ってるのでボストンはトム・ショルツさんだけど、歌はブラッド・デルプさんしか考えられない。
クイーンはフレディ。ジャーニーはスティーブ・ペリー。ヴァンヘイレンはデイブリー・ロス。led zeppelinロバート・プラントDuran duranはサイモン。U2はボーノ。そんな感じでボストンも一緒なのです。
ひさびさに聞いて、宇宙空間を漂ってるようなサウンドでした。

広告を非表示にする

エルガイム

最近アニメを見れるサイトを見つけたので、懐かしのアニメを見て楽しんでます。
昔好きだった重戦機エルガイムを見終わり、いつものごとく今になってようやく理解できました。
子供の時ではこの話は良くわからなかった。
このエルガイムは三角関係が出てくるのですが、主人公のダバ という青年をアムとレッシーという美少女が争い合うという関係です。
ずーっと主人公のダバってどっちつかずでフラフラした優柔不断な奴と思ってたけど、一話からずーっと見てると、ダバって最初からアムが好きだったんだーって何十年かぶりで気づきました。どうしてダバがアムに対して優柔不断な態度をとってたとかその理由も理解できました。細かい設定がされていたのに驚きでした。
王道の少女漫画のように、お前が好きだ〜、私もなになに君が好き❤️っていうのばかりが恋愛の場面じゃないんだね。
マクロス7 を見ても思ったけど、すごく良く考えて作品って作られているし、恋愛重視になると甘いショートケーキみたいになるので、あえてそこは描かず、別の方法で恋愛を表現する。製作者は私たち子供がその表現方法に気づかずあーだこーだと感想を述べてるのを見て、お子ちゃまにはまだまだわからんだろうとほくそ笑んでたのかもしれない、してやったりーみたいに思ってたのかも。
アニメ特にSFアニメって製作者がその場の気分で場面を作っているのかとなんとなく思ってたというかどういう風に作ってるか考えたこともなかった。念密に計画して結構洒落た作り方を心がけていたんだな〜。
今はそういうのを発見するのが楽しいです。

広告を非表示にする