usadonGalleryのブログ

日々思ったことをブログにします。ほとんど絵の事と大好きな洋楽の事だけど。

炎の導火線と1984

日本橋に用事があったついでに、中古レコード屋さんでまたレコード買っちゃいました。
最近すっかりヴァンヘイレンが気に入ってしまって、やっぱりレコードで聞きたいと思い、ヴァンヘイレンのファーストアルバム、なんでか日本語タイトルは炎の導火線なんだけど、それと、私の大好きなjumpがはいってる1984の二つのレコードを購入しました。梅田で探してもなかったのに、さすがはオタクの町日本橋だわ。

今日レコードプレーヤーの針を落としました。
レコードの音が鳴り始める時って、
ふわ〜ってやわらかい空気っていうのかなんかわかんないけど、
ふわ〜って感じの聞こえない音がする感じがあるの。

CDでこの二つのアルバムを聞いていたので聴き比べができました。
レコードの方がいい!やっぱりまろやかな音がする。ハードロックだけど。
なんか落ち着いた音なんだよね。

確かにCDの方が細かい音まで拾って響きがクリアーな感じがするかもしれない。
でも、レコードの方が程よい音で、落ち着いた音って感じがする。
ゆったりと美味しいワインを飲んでいるような、そんな気分になれるの。
それと、レコードはA面、B面と分かれてるので、昔はそれに沿ってアルバムが作られてるので、
コンセプトかなそいうのがはっきりと伝わってくるのです。

炎の導火線で一番良かった曲は、アイスクリームマンかも。
CDではeruptionだけど、LPだとアイスクリームマン。
やっぱりCDとレコードの音が微妙に違うんだね。
このアルバムはすべての曲が素晴らしいです。

そして、私が洋楽を聴き始めた時にアメリカで1位だったjumpが入った1984。
このアルバム当時すごく売れてたんだよね。
いい!CDよりレコードの方がかっこいい!

私レコードの音が好きだけど、ライブだけはCDの方が好きです。
CDの方がライブの会場の雰囲気も音で拾っていて、クリアーに聞こえるからです。

最近イギリスでは少しだけレコードが復活しているとか。
レコードとその中にネットで同じ曲が聴けるように解除できるパスワードが入ってるらしいです。
家でたまにレコードでまったりして、ipodなどにネットから同じ曲を入れて、外で聴いたり繰返したり聴く。
この方法すごくいいよね。もう音楽はデジタルでダウンロードする時代だもんね。
昔からレコードは貴重だからたまに聴いて、あとはカセットテープで聞いてたから、
同じことが今ささやかながらに起きているみたいですね。
レコードの方がジャケットが大きいからデザイを見るのが楽しかったし、手に持った時に手に入れたんだ〜っていう感動があるの。CDにはその感動がないのよね。

もうレコード復活しようよ!レコードめんどくさい人はネットでデジタルをダウンロードして聞けばいいし、
レコードはちょっと割高だけど、レコードとデジタル両方聴いて楽しむって事をすればいいと思います。

とにかくヴァンヘイレンをレコードで聴けて良かった(*^_^*)

広告を非表示にする