usadonGalleryのブログ

日々思ったことをブログにします。ほとんど絵の事と大好きな洋楽の事だけど。

クロスビー、スティルス&ナッシュ

3月9日に大阪フィスティバルホールで行われたライブ、
クロスビー、スティルス&ナッシュに行ってきました!
なんていったって伝説のウッドストックに出た人達
「青い目のジュディ」の演奏が有名で、それを聞けると思って行ったのに、
演奏してくれなかった・・・
こんな事なら20年前に行っとけば良かったと後悔だわ。あの時悩んだんだよね。
でも、それでも、あの3人の伝説のハーモニーを聞いてしまった
それも一番最初に私の好きな曲「Carry on」を演奏してくれたし。
途中の「Love is coming」って歌詞を3人で
  
     愛の神様が降臨〜

って感じでハモるとこがなんというか、
私の中ではウッドストックとかヒッピーとかニューエイジとかそういう感じがしたの

ライブ行く前にyoutubeでアメリカのライブを見て予習をしました。その時に、スティーヴン・スティルスってギターがすごくかっこいいんじゃないの〜って気づいたんです。今まで、「青い目のジュディ」みたいにアコースティックギター専門かと思っていたし、エレキギターニール・ヤングが弾いてたのだとばかり思っていたから。
実はスティーヴン・スティルスって名ギタリストだったのね。

実際に生で聞いたら、むっちゃカッコよかったよ〜!
なんなのあの野太くてカッコいい音は
完璧に流暢に弾くって感じではないと思うけど、でも、ものすごくカッコいい音があるの。
なんかこうガツンっとくるって感じかな。
あのギターってギター好きな男の人が惚れる音じゃないでしょうか。
スティルスがギター弾くと拍手する人が多かったし。

まったく楽器が弾けない私だけど、そんな私のお気に入りギタリストの一人に入りました
声もカッコいい!明るい感じのだみ声かな?渋い!
若い時みたいにキレキレの歌い方ではないけど、でもあの暖かい野太いだみ声は健在だった。
スティーヴン・スティルスの声だ〜って思った。すごくソウルフルに歌っていたし、本当にカッコよかったです
そしてスティーヴン・スティルスが補聴器つけて子供の声が聞こえるようになったという記事を見たので、両耳にきつい難聴があるみたいだった。
そんな中でよく歌ってギター弾けるなって感心しちゃった。

よく考えたら、私はクロスビー、スティルス&ナッシュとバッファロー・スプリングフィールドを聞いて好きなのは全部スティーヴン・スティルスの曲だった。明るくて元気な曲が多いからなのかな。
もし今度スティーヴン・スティルスが来日したら行くよ!

伝説のハーモニーの素晴らしさと、スティーヴン・スティルスの声とギターのカッコ良さが印象に残るライブでした。