読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

usadonGalleryのブログ

日々思ったことをブログにします。ほとんど絵の事と大好きな洋楽の事だけど。

時をかけてうさぎの島へ 3

二日目は前々からうわさで聞いていた、うさぎがいっぱいいる島へと向かいました。
JR呉内線に乗って、忠海駅で降りました。朝10時ぐらいなのにフェリー乗り場に結構人がいてました。土曜日だからお客さんが多かったのでしょうか。小さい客船は満員で10分ぐらい乗ったら憧れの大久野島に着きました。

降りるとさっそくうさぎさんがエサをむしゃむしゃ食べていました。国民休暇村への無料の送迎バスが来ていたのでとにかくそれに乗ってホテルに向かいました。
ホテルの前の広場にはうさぎさんがエサをもらってました。友達に見せてもらった動画ほどうさぎはいなかったのは、どうも休日はお客さんがいっぱい来てエサをたくさんくれるのでお腹を空かしていないらしいのと、人がいっぱいいるとあんまり出てこないそうです。それでもうさぎがキャベツ食べてたり、寝てたり、飛んだり、跳ねたりとあちこちにうさうさといてました。
広場のうさぎさん達にキャベツを見せると三羽ぐらい私のところに来てひざに小さな手をちょこんと置いて食べ物頂戴って目でおねだりするのです。

もう〜むちゃくちゃかわいい!

ウサギの手というか足というか、こんなかわいいの〜って感動しちゃいました。

とにかくいろんなうさぎさんたちに会いたかったので、島を一周することにしました。
途中ベンチに座って、海と灯台を見ながらまたまたパンを食べて、瀬戸内の島々の綺麗な景色がまた良くて、非常にリラックスできました。
歩いてうさぎに出会うとエサ頂戴って来てくれたり、こちらからエサ食べるって持って行ったり、ちゃっとだけ撫でたり、撫でると嫌がるうさぎもたくさんいて、こんなにうさぎを観察したの初めてだったから、非常に面白かったです。
エサをもらってるせいかみんなコロコロとふっくらしていたような。毛並みもいいし。
今でも忘れられません、エサ頂戴って目が。目的を果たすとぷいってどっかに行ってすぐ寝てしまうふてぶてしさ。そういうとこがとっても可愛いです。

島には三時間半ぐらいいたのかな。帰るためにフェリー乗り場に行くとすでに行列が出来ていました。今の時期でこんなに多いのにGWや夏休みってどんだけ多いんだろうって思ってしまいました。この島人気なんだろうな〜。だって忠海駅思ってたより綺麗だったし立派な待合室もあったし、フェリーの切符売場女子受けしそうな小奇麗な建物で、最近立て直したんだろうなって思ったもん。これもうさぎさん達のおかげなんだろうか。
フェリーも嬉しいよね。こんなにたくさんの人を乗せてそれも子供たちがいっぱいいて、海を楽しそうに見ていたし。賑やかなのは見ていて楽しい。

その後新幹線で家に帰ったら、体中がすごい筋肉痛になっていました。おそらく、尾道の坂を駆け巡ったせいでしょう。太ももがすごく痛かった。今はだいぶましです。

今回の旅はノスタルジックに浸りながらもふもふした時間に癒され、すっごく幸せでした。

うさぎさん達

DSCN1317.jpg

DSCN1310.jpg

DSCN1308.jpg

DSCN1329.jpg

DSCN1179.jpg

DSCN1168.jpg

DSCN1160.jpg

DSCN1144.jpg

DSCN1155.jpg

DSCN1120.jpg

DSCN1242.jpg

DSCN1072.jpg

DSCN1245.jpg

DSCN1218.jpg

DSCN1109.jpg

DSCN1025.jpg